商品案内

ブラジル ブラジル/トミオ・フクダ・マラゴジッペ(完売)

販売価格(税込)

※焙煎豆もこちら↑をクリック
在庫 0 g
備考
売り切れ

フルシティ

香り 4
甘み 4
酸味 3
苦味 3
コク 4

商品説明

コーヒー豆のグリーンの状態

※数値が5に近づくにつれて色味が強くなります。

バウー農園のオーナーのトミオフクダ氏は日系二世で、日本で勤務していた経験もあることから従業員育成にも大変熱心に取組んでいます。勤勉な者しか雇わず、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を取り入れ綺麗な農園作りにも心がけています。トミオ氏は常に農園に足を運び、木の状態を把握し、メンテナンス、管理を行っています。
そんなバウー農園はミナスジェライス州/セラード地区/パトスデミナス付近標高約1,100mでブラジルのコーヒー栽培エリアでも標高の高い場所に位置します。この地域はセラードの中でも特に雨期と乾季がはっきりとしており、最もコーヒー栽培に適した気候となっています。恵まれた気候、そして肥沃な土壌をもつ環境で栽培されています。
また、栽培、収穫、精選、乾燥、選別、輸出用パッキングまでを一貫して行っており、今問われているトレーサビリティ(traceability)にも対応した、生産者の顔が見える安心の最高品質コーヒーがここにあります。トミオフクダ マラゴジッペをぜひ御賞味下さい。

<マラゴジッペとは?>
マラゴジッペ品種はブラジルのマラゴジッペ市で発見された品種で、ティピカ種の突然変異といわれています。通常のコーヒー豆よりかなり大粒で、ジューシーな酸味と甘味が特徴的なコーヒーです。

品名
トミオ・フクダ・マラゴジッペ
生産国
ブラジル
地域
ミナスジェライス州セラード、バウー農園
規格
No.2
スクリーン
SC22前後
標高
1,100m以上
欠点
4(ほぼ無し)
精選方法
ナチュラル
品種
マラゴジッペ
収穫年度
2018/19
その他
日系2世のトミオフクダ氏がつくる最高品質のマラゴジッペです。
商品について:[ お問い合わせ ]  [ レビューを書く ]  一覧へ戻る ]

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。