商品案内

ブルンジ共和国 ブルンジ共和国/COEムンカゼ W.S.

販売価格
個  ※焙煎豆もこちら↑をクリック
在庫 27750 g
備考

ハイ

香り 5
甘み 5
酸味 4
苦味 3
コク 4

商品説明

コーヒー豆のグリーンの状態

※数値が5に近づくにつれて色味が強くなります。

【カップ・オブ・エクセレンス】は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与される『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』
カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、雑味がなく、際立つ高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。
  ブルンジ共和国は中部アフリカの内陸に位置し北にルワンダ、西にコンゴ民主共和国、東にタンザニアと国境を接しています。2012年8月、ブルンジでアフリカではルワンダに続き2カ国目となるカップオブエクセレンス(第一回ブルンジCOE)が開催されました。ルワンダ同様に農園毎ではなくウォッシングステーション単位での応募となり、国内審査、国際審査を経て今年は23のLOTがカップオブエクセレンスの称号を手にしました。
Munkaze CWSのあるKayanza県はルワンダとの国境に近い国の北部に位置しています。この地域はナイル川の水源として知られており、近隣のウエットミルではこの水が水洗処理に使われています。
Munkaze CWSは伝統的に標高の高い丘の周辺のいくつのも小さな農場(小農家)からチェリーを収集しています。完全に熟した赤実だけを選りすぐり、チェリーは即日ウエットミルに運ばれます。パルピングされた後は外気温を考慮し8-12時間に及ぶ発酵工程がとられ、その後はアフリカンベッドによって丁寧に乾燥が施されます。

品名
COEムンカゼ W.S.
生産国
ブルンジ共和国
地域
KAYANZA県、Kayanza自治区
規格
風味を競うため規格無し
スクリーン
風味を競うため規格無し
標高
1,800〜2,000m
欠点
風味を競うため規格無し
精選方法
水洗式
品種
ブルボン
収穫年度
2017
その他
COE入賞ロット
商品について:[ お問い合わせ ]  [ レビューを書く ]  一覧へ戻る ]

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。