商品案内

ブラジル ブラジル/COEエルドラド農園(完売)

販売価格
個  ※焙煎豆もこちら↑をクリック
在庫 10 g
備考 COE ナチュラル 入賞ロット

フルシティ

香り 5
甘み 5
酸味 3
苦味 3
コク 4

商品説明

コーヒー豆のグリーンの状態

※数値が5に近づくにつれて色味が強くなります。

カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質(トップ・オブ・トップ)のものに与えられる名誉ある称号で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審査員の厳格なカップテストにより「至高のコーヒー」として評価された、ほんのわずかなコーヒーが、カップ・オブ・エクセレンスの称号を授与されます。
今年のブラジルはパルプドナチュラルとナチュラルの品評会が同時に開催され、今回のナチュラル部門では19のコーヒーが受賞しました。
エルドラド農園はミナスジェライス州イビラシ市に位置し、70年以上もの間コーヒーと家畜に加え他の農作物との共存をしている。農園の微気候はSpecialty Coffeeの生産に重要な条件となり、45haの森林保護区と合わせて256haの中にある。現在、エルヴィス氏とジーン氏兄弟によってコーヒーが管理されているが、最も古い木は1940年に植えられており、現在もまだ生産可能な状態を維持している。というのも、農園で生産された有機肥料が土壌バランスを整え、常に肥沃な状態でありながら環境のバランスまでも維持しているからである。色々な動植物の中でコーヒーを生産し、地力のパフォーマンスを最大限に発揮できるコーヒーを生産することを信条としている。また現在農園には27人のフルタイム従業員がおり、彼らのトレーニングに投資を行い、これこそが品質強化策となっているとエルヴィス氏は考えている。
自然の力が作り出す繊細な味わいと力強い風味は、土壌バランスが作り出した逸品なのかもしれない…。

品名
COEエルドラド農園
生産国
ブラジル
地域
ミナスジェライス州スル・デ・ミナス
規格
風味を競うため規格無し
スクリーン
風味を競うため規格無し
標高
1,180m
欠点
風味を競うため規格無し
精選方法
ナチュラル
品種
ムンドノーボ
収穫年度
2016/17
その他
COE ナチュラル 入賞ロット
商品について:[ お問い合わせ ]  [ レビューを書く ]  [ 友達に知らせる ]  [ 一覧へ戻る ]

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。