商品案内

インドネシア インドネシア/バリ・アグン・ピーベリー

販売価格
個  ※焙煎豆もこちら↑をクリック
在庫 200 g
備考

シティ

香り 4
甘み 4
酸味 3
苦味 3
コク 3

商品説明

コーヒー豆のグリーンの状態

※数値が5に近づくにつれて色味が強くなります。

バリ島のコーヒー栽培の始まりは、19世紀にオランダ人がジャバ島から持ち込んだのが始まりと言われています。本格的に栽培が始まったのは、1981年政府の援助があり、コーヒー栽培が拡大致しました。バリ島は小さな島ですが、3,000m級の山があり、緯度・高度とも栽培に向いています。
同商品は、アグン山の小規模農家が栽培しているものから、1粒の実に1個の種子しかならないピーベリー(通常1粒の実に2個の種子)だけを集めた物で、その形は小粒で、ラグビーボールのような形をしています。風味自体は、通常の形をしたものと変わりませんが、ユニークな形状から人気があります。
バリ島は観光地として有名です。近年、観光産業に人が流れ、コーヒー生産量は最盛期の半分くらいになっています。年々品薄になりつつあるのですが、追い打ちをかけるかの様に、2018年7月9日にアグン山が噴火致しました。そこで生活している生産者・コーヒーの木に被害が無ければ良いのですが…
風味はバランスの取れたマイルドな味わいです。

品名
バリ・アグン・ピーベリー
生産国
インドネシア
地域
バリ島・キンタマーニ地区
規格
特別仕様
スクリーン
14
標高
1,150~1,550m
欠点
~6
精選方法
フリイウォッシュド
品種
カルティカ・コブラ・S795
収穫年度
2017/18
その他
オーガニック肥料のみ使用
商品について:[ お問い合わせ ]  [ レビューを書く ]  一覧へ戻る ]

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。