商品案内

コスタリカ コスタリカ/COEチャヨーテ・エマ農園

豆の状態 生豆   焙煎(豆)   焙煎(粉)  
販売価格(税込)
在庫 14060 g
備考 カップオブエクセレンス2021受賞

ハイ

香り 4
甘み 5
酸味 3
苦味 3
コク 3

商品説明

コーヒー豆のグリーンの状態

※数値が5に近づくにつれて色味が強くなります。

<カップ・オブ・エクセレンスとは>
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審査会により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有なコーヒーとして評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与される『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』。クリーンカップで雑味がなく高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ特有の風味、口に含んだ質感、心地よいアロマと活き活きとした酸味、甘い果物を思わすフレーバーを兼ね備えています。
チャヨーテ・エマは、シュマバ(SUMAVA)農園の一つ の区画です。同農園はCOEにおいても数多くの優勝農園 を輩出するウエストバレーに位置し、2013年にオーナーが変わってから生まれ変わったコーヒー農園です。
この農園の経営を行っているのが、フランシスコ・メナ 氏(ジェニファー氏の夫)。彼は、同国のスペシャルティコーヒーの輸出業者「エクスクルーシブコーヒー」の社長でもあり、年々進化を続けるコスタリカのスペシャルティコーヒー業界の中心的存在です。その経験と知見を活かして、荒廃した農園を建て直し、新たなスペシャルティコーヒーの農園・マイクロミルとして、素晴らしいコーヒーを作っています。経営者が代わってわずか3年後の2016年にはCOE優勝を成し遂げており、いまやコスタリカを代表するスペシャルティコーヒー農園のひとつとして、世界中のバイヤーに知られています。
エル・チャヨーテ農園はウエストバレーの火山灰土壌の高原に位置します。マイクロミの Sumava de Lourdesはたくさんの農園を所有していて、エル・チャヨーテ農園はそのうちの一つで特徴ある微気候条件と土壌で高品質マイクロミルとして知られています。チャヨーテ農園は大西洋と太平洋の両方から影響を受け夜中は霧がかかりとても冷え、朝はひんやりとし、日中は暖かくなります。日中は24~25度になり5月~11月が雨季になります。土は火山土壌と水はけのよい土です。コーヒーの実はゆっくりと熟し、主に2月と3月に完熟します。この季節はもっとも乾燥し、晴れます。この気候がコーヒーの実を完熟させます。農園ではケニア、ゲイシャ、パカマラ、シドラ、オレンジブルボンとビジャサルチを植えています。
SL28 はケニアの品種として有名ですが、中米コスタリカに持ち込まれたのは21世紀初めころです。2015年にLeoncio農園のSL28品種がCOEで優勝し、ゲイシャに次ぐ高級品種として中米各国に広まりつつあります。

•Overall  Complex flavor, Creamy and bright acidity, Mild, Sweet, Sweet & Sugary
•Aroma / Flavor  Bittersweet Chocolate , Cacao Nibs , Milk Chocolate , Peach , Sweet , Berry, Brown Sugar, Chocolate, Clean, Dried Fruit, Honey, Juicy, Lemon, Lemon & Lime, Mild, Orange, Pear, Red Apple
•Acidity  Citric Acid, Citrus, Fruity, Lemon & Lime, Pear, Tangerine

品名
COEチャヨーテ・エマ農園
生産国
コスタリカ
地域
ウエストバレー
規格
風味を競うため規格なし
スクリーン
風味を競うため規格なし
標高
1,655m
欠点
風味を競うため規格なし
精製方法
ウォッシュド
品種
サンロケ(SL28の1種)
収穫年度
2020/21
その他
カップオブエクセレンス2021受賞 87.37
商品について:[ お問い合わせ ]  [ レビューを書く ]  一覧へ戻る ]

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。