商品案内

メキシコ メキシコ/COEエル・エストリーボ農園

販売価格
個  ※焙煎豆もこちら↑をクリック
在庫 42210 g
備考 カップオブエクセレンス2017受賞

ハイ

香り 5
甘み 5
酸味 4
苦味 3
コク 3

商品説明

コーヒー豆のグリーンの状態

※数値が5に近づくにつれて色味が強くなります。

【カップ・オブ・エクセレンス】は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与される『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』。カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、雑味がなく、際立つ最高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。
メキシコの代表的なコーヒー産地の一つであるベラクルス州ソンゴリカ地区は高地の丘陵地帯に位置します。
農園はアルタミラノ一家が何世代にも渡り農園を所有していましたが、その歴史は紆余曲折を経て現在に至ります。多くの生産国に大きな影響を与えた1960年のコーヒー価格の大暴落によって好調だったコーヒー栽培を縮小し、家族は国内外で別の仕事をせざるをえませんでした。コーヒー価格が持ち直した1992年に中古のパルピングマシンを購入、2009年には変化する気候に対応する為に小型乾燥機を備え、パルピングマシンは改良を加えウォッシングステーションを完成させました。すべてを自分たちの手で行う事でより品質の高いマイクロロットを作る事ができ、様々な取り組みを通じ専門知識を学び技術を向上させることで、コーヒー栽培を諦めずに続けた努力が報われ、高品質のコーヒーを作る事に成功しました。
農園名のESTRIBOとは、「あぶみ」(乗馬するときに足を乗せる馬具の一部)という意味です。「馬に乗る」とは勝利を掴むことにつながる意味合いがありますが、馬に乗るにはまず「あぶみ」が必要、つまり一家の努力の結果を生み出すコーヒー農園こそ、まさに「あぶみ」のようなものということで名づけられました。

品名
COEエル・エストリーボ農園
生産国
メキシコ
地域
ベラクルス州ソンゴリカ
規格
風味を競うため規格なし
スクリーン
風味を競うため規格なし
標高
1,500m
欠点
風味を競うため規格なし
精選方法
ウォッシュド
品種
ブルボン・ティピカ
収穫年度
2016/17
その他
カップオブエクセレンス2017受賞
商品について:[ お問い合わせ ]  [ レビューを書く ]  [ 友達に知らせる ]  [ 一覧へ戻る ]