商品案内

インドネシア インドネシア/マンデリンSPL

販売価格
個  ※焙煎豆もこちら↑をクリック
在庫 151540 g
備考

フルシティ

香り 3
甘み 4
酸味 3
苦味 4
コク 4

商品説明

コーヒー豆のグリーンの状態

※数値が5に近づくにつれて色味が強くなります。

“マンデリン”この呼び名は、バハリ・タンディさんが付けました。その名の由来は1699年、東インド会社によってコーヒーが持ち込まれた場所が、マンダイリンであった事からだそうです。その昔、日本人が鉄砲の事を“種子島”と呼んだのと同じですね。
SPLのこだわりは、生産者と輸出業者が互いに信頼し合っており、金額の割に高い品質を保っている部分にあります。推奨焙煎度はフルシティとしていますが、マンデリンとしては酸が弱いので、浅煎りもOK。ポリフェノールいっぱいの健康飲料として、お飲みいただくのもいいですね。

品名
マンデリンSPL
生産国
インドネシア
地域
スマトラ島・アチェ州タケンゴン地区
規格
G1
スクリーン
15UP
標高
1,000〜1,300m
欠点
〜11
精選方法
スマトラ式
品種
不明
収穫年度
2015/16
その他
商品について:[ お問い合わせ ]  [ レビューを書く ]  [ 友達に知らせる ]  [ 一覧へ戻る ]

この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。