焙煎について(味)

焙煎について 酸味と苦味(甘味・コク・渋味)

焙煎の進行に伴い1ハゼくらいまで酸味が増していきます。 その後この酸味が更なる化学変化により分解され苦味の成分へと変化していきます。簡単に言うと浅煎りは酸味が強く、深煎りは苦味が強いと言えます。あくまで同じ豆を焙煎した時の話ですが。