新規会員登録はこちら
ブレンドシミュレーターへ

焙煎について(香り)

香り高くする焙煎方法

コーヒーの香りの成分は生豆で約200種、焙煎でできる成分が約650種、合計約850種確認されています。
又、生豆の持つ香りは焙煎でできる成分にマスキングされる事も確認されています。アラビカ種とカネフォラ種(ロブスタ)は
明らかに香りが違うのに、その成分は共通で、違いはそれぞれの量つまりバランスが違うのです。一般的に好ましく感じられる香り作りには1つのパターンがあります。このパターンを理解すると焙煎に試行錯誤する事も減ってくるでしょう。