新規会員登録はこちら
ブレンドシミュレーターへ

生豆の保管について

生豆の保管について

生豆は焙煎豆と比べ変化が緩やかなので、あまり気を配る必要はありませんし、少々買い置きしても問題にならない事が多いかと思います。

あえてこだわるなら、室温は15℃、通気性の良い暗い場所、湿度の高くない場所などが挙げられます。
生豆はコンテナに入れられ船で運ばれてきます。1つのコンテナに17〜18トン入ります。ご存知の通り赤道に近い所から
運ばれてくる訳ですから、昼と夜の温暖差が大きく、結露の発生のリスクがあり、最悪の場合はカビが発生して使い物にならなくなります。スペシャルティーなど高級品はそういうリスクを避けるためリーファーコンテナという15℃で定温保管できる特別なコンテナを用います。

ちなみに私が高校生の頃、甘栗が好きで甘栗問屋で買ってきたものを学校で食べていました。
友達がみんな欲しがるので、“これは商売になる”と考え、岡崎甘栗店は開業しました。開業当初は順調でしたが、調子に乗って5kgを仕入れたあくる日朝から体調が急変、風疹にかかってしまいました。甘栗を見るとすべてがカビだらけ。岡崎甘栗店は静かに倒産しました。カビは恐いです。