生豆の色と水分値について

生豆の色と水分値について

一般的に誤解されている事なのですが、“青い豆=水分が多い”というのは間違いです。
収穫年度から時間がたっている豆を“枯れている”ということからそういった誤解が蔓延しているのだと思います。
水分は周りの環境に影響を受け、年数に関係なく増減します。湿気の多い所に保管すると生豆の水分値は上がりやすくなります。同じ湿度の場合は、温度が低いほど吸湿しやすい様になります。
ニュークロップの色で比較すると中米産などの水洗式は青く仕上がり、ブラジル産などのナチュラルは栗色に仕上がります。又、スマトラ式のマンデリンは他にない深い青みを持ちます。この時の互いの水分値はどうか? これは測ってみなければわかりません。